Home » forex

オンラインでのFX取引をお考えの方に、おすすめのFX会社をご紹介します。いまや、Google検索を行うだけで、何千ものおすすめのFX国内口座や海外FX会社が表示されます。

そのため、自分に合ったおすすめのFX会社を見つけるまでには時間がかかります。特に、対応している通貨ペア、手数料、最低口座残高、規制などを調べなければなりません。

このガイドでは、2022年のおすすめのFX会社をレビューしています。また、一流のFX取引プラットフォームで、今日から通貨の売買を始めるために必要な手順を説明します!

Contents

おすすめのFX会社2022年版】

ここでは、十分なユーザーエクスペリエンスを提供している、おすすめのFX会社をご紹介します。下にスクロールすると、各プロバイダーの完全なレビューをご覧いただけます。

取引サイズ

€ 100 (0.001 lots)

並び替え

5 条件に合うブローカー

入金方法

トレーディングプラットフォーム

規制対象

追加機能

最低預入額

€500

最小スプレッド

2

最大レバレッジ

2:1

通貨ペア

1+

評価

1 より良い

モバイルアプリ

1 より良い
推奨ブローカー
156 本日の新規ユーザー

評価

総額

€0.01

モバイルアプリ
10/10

最低預入額

€50

最小スプレッド

1 pips

最大レバレッジ

50:1

通貨ペア

52

トレーディングプラットフォーム

Demo
WebTrader
CopyTrading

入金方法

Bank Transfer Credit Card

規制対象

FCA, CySEC, ASIC

トレード可能なもの

Forex

Indices

Actions

Cryptocurrencies

Raw Materials

ETFs

平均スプレッド

EUR/GBP

1.5

EUR/USD

1

EUR/JPY

2

EUR/CHF

5

GBP/USD

2

GBP/JPY

3

GBP/CHF

4

USD/JPY

1

USD/CHF

1.5

追加料金

継続費用

交換

50 pips

レバレッジ2

30:1

FCA

30:1

CySEC

500:1

ASIC

CFDs are complex instruments and come with a high risk of losing money rapidly due to leverage. 67% of retail investor accounts lose money when trading CFDs with this provider. You should consider whether you understand how CFDs work and whether you can afford to take the high risk of losing your money.

評価

総額

€0.11

モバイルアプリ
9/10

最低預入額

€0

最小スプレッド

0.0 pips

最大レバレッジ

2:1

通貨ペア

50

トレーディングプラットフォーム

Demo
WebTrader
MT4
STP/DMA

入金方法

Bank Transfer Credit Card Giropay Neteller Paypal Skrill Sofort

規制対象

CySEC

トレード可能なもの

Forex

Indices

Actions

Cryptocurrencies

Raw Materials

ETFs

平均スプレッド

EUR/GBP

0.0

EUR/USD

0.0

EUR/JPY

0.0

EUR/CHF

0.0

GBP/USD

0.0

GBP/JPY

0.0

GBP/CHF

0.0

USD/JPY

0.0

USD/CHF

0.0

JPY/CHF

0.0

追加料金

継続費用

交換

0.0

レバレッジ2

30:1

CySEC

Trading leveraged products such as CFDs involves substantial risk of loss and may not be suitable for all investors. 83% of retail investor accounts lose money when trading CFDs with this provider. Trading such products is risky and you may lose all of your invested capital.

評価

総額

€0.01

モバイルアプリ
8/10

最低預入額

€100

最小スプレッド

1.1 pips

最大レバレッジ

100:1

通貨ペア

70

トレーディングプラットフォーム

Demo
WebTrader

入金方法

Bank Transfer Credit Card Neteller Paypal Skrill

規制対象

FCA, CySEC, ASIC

トレード可能なもの

Forex

Indices

Actions

Cryptocurrencies

Raw Materials

ETFs

平均スプレッド

EUR/GBP

1.7

EUR/USD

1.1

EUR/JPY

1.7

EUR/CHF

2.2

GBP/USD

1.9

GBP/JPY

2.4

GBP/CHF

3.8

USD/JPY

1.3

USD/CHF

1.7

追加料金

継続費用

交換

0.7

レバレッジ2

30:1

FCA

30:1

CySEC

500:1

ASIC

CFDs are complex instruments and come with a high risk of losing money rapidly due to leverage. 76.4% of retail investor accounts lose money when trading CFDs with this provider. You should consider whether you understand how CFDs work and whether you can afford to take the high risk of losing your money.

評価

総額

€0.01

モバイルアプリ
9/10

最低預入額

€100

最小スプレッド

0.9 pips

最大レバレッジ

100:1

通貨ペア

50

トレーディングプラットフォーム

Demo
WebTrader
MT4
MT5

入金方法

Bank Transfer Credit Card Neteller Skrill

規制対象

ASIC

トレード可能なもの

Forex

Indices

Actions

Cryptocurrencies

Raw Materials

ETFs

平均スプレッド

EUR/GBP

1.5

EUR/USD

0.9

EUR/JPY

1.8

EUR/CHF

2

GBP/USD

1.6

GBP/JPY

2.5

GBP/CHF

3.1

USD/JPY

1.1

USD/CHF

1.6

追加料金

継続費用

交換

0.0

レバレッジ2

500:1

ASIC

CFDs are complex instruments and come with a high risk of losing money rapidly due to leverage. 71% of retail investor accounts lose money when trading CFDs with this provider. You should consider whether you understand how CFDs work and whether you can afford to take the high risk of losing your money.

評価

総額

€0.01

モバイルアプリ
9/10

最低預入額

€20

最小スプレッド

0.6 pips

最大レバレッジ

20:1

通貨ペア

100

トレーディングプラットフォーム

Demo
WebTrader

入金方法

Bank Transfer Credit Card Giropay Neteller Skrill Sofort

規制対象

FCA, CySEC

トレード可能なもの

Forex

Indices

Actions

Cryptocurrencies

Raw Materials

平均スプレッド

EUR/GBP

1.6

EUR/USD

0.6

EUR/JPY

1.7

EUR/CHF

3.3

GBP/USD

0.8

GBP/JPY

3.2

GBP/CHF

3.8

USD/JPY

1.3

USD/CHF

1.9

追加料金

継続費用

交換

0.0

レバレッジ2

30:1

FCA

30:1

CySEC

CFDs are complex instruments and come with a high risk of losing money rapidly due to leverage. 78.77% of retail investor accounts lose money when trading CFDs with this provider. You should consider whether you understand how CFDs work and whether you can afford to take the high risk of losing your money.

  1. AvaTrade – MT4&MT5を使った自動売買におすすめのFX口座
  2. Forex.com – ノックアウト・オプションでおすすめのFX
  3. IG – マルチアセットにおすすめのFX口座
  4. FXCM – 機関投資家上級者におすすめのFX口座
  5. Axiory – タイトなスプレッドのおすすめ海外FX口座
  6. TITAN FXハイレバレッジ取引におすすめのFX口座

1. AvaTrade – MT4&MT5を使った自動売買におすすめFX口座

AvaTrade

AvaTradeは自動売買ツールを用いたシステムトレードに特化したFX会社です。そのため、システムトレードに興味がある方にはおすすめです。また、マイナー通貨ペアを多数取りそろえているのもメリットになります。メジャー通貨ペア以外の通貨ペアに興味がある方にもおすすめです。MT5を利用できるのは国内のFX会社では珍しいことです。さらに今後MT5への移行が進むことが考えられるため、いち早くMT5に慣れたい方には相性が良いでしょう。

また、最小通貨単位は1,000通貨単位になるため、少額での取引も対応可能です。

AvaTradeは、取引ツールの優秀さにも定評がある会社となっています。

Ava Trade(アヴァトレード・ジャパン)

個人投資家の口座の72%が、このプロバイダーでCFDを取引した際に損失を出しています。
資金を失う可能性があることを心得ておきましょう

AvaTradeの利用をおすすめできる人の特徴は以下の通りです。

  • 自動売買ツールで取引したい人
  • マイナー通貨ペアで取引したい人
  • 国内FX会社でMT5を利用したい人

AvaTradeは自動売買ツールを用いたシステムトレードに特化したFX会社です。

そのため、システムトレードに興味がある方にはおすすめできます。

これからFXトレードを始めるにあたって、自動売買に興味がある人や、様々な通貨の取引をしてみたいと考えている人は、AvaTradeで口座を開設してみてはいかがでしょうか。

メリット:

  • MT4(メタトレーダー4)とMT5(メタトレーダー5)を利用可能
  • 55種類の通貨ペアを扱っている
  • 1,000通貨単位で取引ができる
  • NDD方式
  • 自動売買ツール(DupliTrade)が利用可能
  • ヒストリカルデータがダウンロード可能
  • FSA、CySEC、ASICの規制を受け、FINRAにも登録されている

デメリット:

  • コンテンツの情報量が薄い
  • サポートが24時間対応ではない

個人投資家の口座の72%が、このプロバイダーでCFDを取引した際に損失を出しています。
資金を失う可能性があることを心得ておきましょう

2. Forex.com – ノックアウト・オプションでおすすめのFX口座

AvaTradeは、2022年のおすすめFX口座として1位になっていますが、日本に居住の方が通貨ペアのオプション取引をすることはできません。そのため、ノックアウトオプションでおすすめのFX口座はForex.comとなっています。

その名の通り、FX専門の業者です。口座開設と入金を済ませると、80以上の通貨ペアに自由にアクセスできるようになります。メジャー、マイナー、エキゾチックなど、多種多様な通貨ペアが用意されています。

特に、新興国の通貨にアクセスしたい場合は、Forex.comはおすすめのFX口座です。手数料については、このFX口座では、いくつかのタイプから選ぶことができます。例えば、気軽にFXをする方であれば、手数料無料の口座を選ぶこともできます。

Forex.com/jp

一方、プロのFXトレーダーは、STP Proアカウントを選ぶのも良いでしょう。この口座では、わずか0.1ピップスからの取引が可能で、取引額100万ドルにつき60ドルの手数料がかかります。特筆すべきは、Forex.comではトレーダーの取引プロファイルに合わせて料金体系を選択できるという点です。

Forex.comでは、高度なチャートを搭載したオンラインまたはモバイルアプリでアクセス可能な独自のネイティブトレーディングプラットフォームを利用することができます。また、サードパーティのプラットフォームであるメタトレーダー4(MT4)を介してForex.comのアカウントにアクセスし、バックテストを行うこともできます。また、MT4のダッシュボードに簡単にインストールできる20種類の無料のインジケーターであるEA等も提供されています。

メリット:

  • ノックアウト・オプションにおすすめのFX口座
  • 数十種類の通貨ペアへのアクセスが可能
  • ECN方式のFXブローカー
  • 特にエキゾチックな通貨に強い
  • 銀行振り込みの場合は最低入金額なし
  • CFDも提供
  • FSAライセンスを含む厳しい規制を受けている
  • 質の高い為替・経済ニュースを提供

デメリット:

  • KYCプロセスが少し長い

個人投資家の80%がこのサイトでCFD取引をして損失を出しています。

3. IG - マルチアセットにおすすめのFX口座

IG証券は1974年にイギリスのロンドンを本拠地に設立され、その後英国No. 1FXプロバイダーとしての地位を確立しました。
ロンドン証券取引所にも上場されており、全世界に23万9000人以上の顧客を抱えています。

日本でも有名トレーダーの高橋ダンさんやゆきママさんなどが使用しており、国内でも高い人気を誇っています。

IG証券の特徴のひとつに業界最多水準の通貨ペア数があげられます。
IG証券の通貨ペアは約100銘柄です。国内大手のFX取引所は軒並み20銘柄で、一番多い取引所でも50銘柄ほどですので、IG証券の通貨ペア数がどれ程多いかおわかりいただけると思います。

IG証券が人気の理由にFX以外にも株式や商品でCFD取引(差金決済取引)、ノックアウト・オプション取引ができるという点があります。

例えば為替でドルの下落が続いている時は逆相関の金価格が上昇しやすいので、商品取引で金も買ってみるなどIG証券であればトレードの幅を広げることができます。このメリットが世界15ヵ国のトレーダーから支持を得ている理由の1つです。

ig.com/jp

手数料も魅力的で、主要ペアのスプレッドはわずか0.6ピップスからとなっています。IGのFX取引部門では、手数料もかかりません。このプラットフォームでは、ウェブサイトから直接、またはiOS/Androidのモバイルアプリを使って取引することができます。

さらに、IGはMT4にも対応しています。日本を含む世界中で完全に規制されているため、もしIGの名前を聞いたことがなく、安全性が心配であっても問題ありません。

メリット:

  • マルチ・アセット・トレードにおすすめのFX口座
  • 80以上の通貨ペアを提供
  • スプレッドはわずか6pipsからで、手数料は無し
  • IGのウェブサイトまたはアプリでの取引が可能
  • MT4に対応
  • 40年以上にわたる証券会社での経験
  • デビットカードや銀行振り込みで簡単に口座に入金が可能

デメリット:

  • 最低預金額は250ドル
  • 日本のトレーダーには、伝統的な株式やETFの提供は無し

※投資は損失を伴う場合があります。

4. FXCM – 機関投資家上級者におすすめのFX口座

FX法人、FXブローカー、プロップハウス、HFT等、最先端の取引環境を求めるプロの投資家の方には、FXCMはおすすめの証券会社です。
FXCMは、ミリ秒単位の取引環境の中で、巨大な流動性を提供し、多種多様なインターフェースやコロケーションを通じて、トレーダーごとにカスタマイズされたプラットフォームにアクセスすることができます。
流動性の多様化を実現するリクイディティの確保、超高頻度取引に耐えうるテクノロジーに加え、クリアリングやクロスコネクト、専用回線などのインフラを網羅した堅牢な取引環境をホーム、プロップハウス、ヘッジファンド、ブローカー(MT4/MT5対応を含む)に提供しています。

fxcm

FXCMのリクイディティプロバイダーには、グローバルバンク、金融機関、プライムブローカー、その他のマーケットメーカーが含まれます。FXCMグループは現在、主に以下のようなリクイディティプロバイダーを抱えています。Barclays Bank, PLC - Citadel Securities LLC - Citibank N.A. - Deutsche Bank AG - Jefferies Financial Services, Inc. - FASTMATCH INC - XTX Markets Limited - UBS AG - and Morgan Stanley & Co, LLC。また、FXCMは、FastMatch電子通信ネットワークを介して価格設定を行う複数のHFTを含む、多数の流動性プロバイダーを有しています。

FXCMでは、日本在住且つ特定投資家の範囲に含まれない個人等の口座開設は受け付けていません。日本におけるサービスは、登録された金融法人や金融関連法人、また特定投資家を対象としたものです。

メリット:

  • 高頻度取引に最適
  • ニューヨーク、ロンドン、東京の3つの主要な市場アクセスポイントのすべてに、独立したインフラを整備
  • 高い流動性
  • 高度なトレード・リスク管理機能
  • アルゴ・トレーダーのための開発キットを用意

デメリット:

  • 現在、日本において、個人トレーダー用のアカウントは受付不可

※投資は損失を伴う場合があります。

5. Axiory - タイトなスプレッドのおすすめ海外FX口座

Axiory

2015年に設立したAXIORY(アキシオリー)は、多くの日本人トレーダーから支持され続けている短期トレードに特化した海外FX業者です。

AXIORYは、スキャルピング・デイトレード・自動売買に特化した業者です。

スプレッドは狭く安定しており、取引手数料も1ロットあたり片道3ドルと良心的な価格なので、取引コストの安さは業界トップクラスといえます。

また、取引ツールには定番のMT4・MT5以外にも、スキャルピングとの相性バッチリなcTraderも利用できます。

このcTraderが利用できる業者は、国内・海外を含めてもごく一部の業者だけです。

cTraderにはデモ口座もあるので、一度試しに使ってみてください。

その他の取引条件は、最大レバレッジは400倍、通貨ペアは62種類、最小取引ロットは0.01ロットと、海外FX業者としては一般的なスペックです。しかし、AXIORYはロット制限が緩い業者なので大口取引に非常に有利です。スキャルピング・自動売買にも制限はありません。

また、メール・チャットによる日本語サポートも高品質であり、海外FX初心者から中上級者にまでオススメできる優良業者といえます。

Axiory.com/jp

運営会社の実態が不透明な海外FX業者には注意してください。

そのような業者は、突然の倒産や日本からの撤退の危険性があります。また、取引操作・出金拒否・利益取消といったトレーダーの不利益に繋がる行為を平気で行う悪徳業者・詐欺業者も多いからです。

自分の大切な資金を守るためにも、最低限、会社の所在地・金融ライセンス・資金の管理体制がしっかり公開されている業者を利用するようにしましょう。

メリット:

  • 最大レバレッジ400倍
  • 口座残高によるレバレッジ制限の縛りが緩い
  • スプレッド・手数料の安さは業界トップレベル
  • 取引ツールはMT4・MT5・cTraderの3種類に対応
  • 取引形態は透明性が高いNDD方式を採用
  • 信託保全によって口座資金は保護される
  • ゼロカットあり
  • 出金拒否の報告はほとんど無し
  • 日本語サポートが高品質

デメリット:

  • ライセンスがマイナー
  • ボーナスキャンぺーンがない

このプロバイダーであれば利益を獲得できるという保証はありません。

6. TitanFX - ハイレバレッジ取引におすすめの海外FX口座

Titanfx JP

2014年に設立したTITAN FX(タイタンエフエックス)は、元PepperStone(ペッパーストーン)のスタッフが立ち上げたヘビートレーダー向けの海外FX業者です。

TITAN FXの業者タイプは、axioryと非常に良く似ています。

スプレッドは非常に狭く、特にGBP/JPYの取引には最適の業者だと評判です。また、中上級者向けブレード口座の取引手数料も、1ロットあたり片道3.5ドルと格安です。

最大レバレッジは500倍と一般的ですが、CFD銘柄も通貨ペアと同じ最大レバレッジ500倍で取引できるところは、TITAN FXだけの大きなメリットです(株式は20倍)。しかも、口座残高によるレバレッジ制限までありません。

取引ツールもMT4・MT5に加え、独自ツールもリリースしており、自分好みのプラットフォームを選んで取引できます。日本語サポートもしっかりしており、入出金も迅速です。

問題は、約定力が極端に落ち込む時があること。約定スピードは早いのですが、スリッページや約定遅延を気にするトレーダーが多いように感じます。

TITAN FXは設立当初から口座開設ボーナスや入金ボーナスなどのキャンペーンは一切開催しないスタンスなので、資金の少ない初心者には少々敷居が高いでしょう。しかし、安心して取引できる環境は全て揃っているので、十分メインの取引口座として活用可能といえます。

運営会社の実態が不透明な海外fx業者には注意してください。

そのような業者は、突然の倒産や日本撤退の危険性がありますし、取引操作・出金拒否・利益取消といったトレーダーの不利益に繋がる行為を平気で行う悪徳業者・詐欺業者も多いからです。

自分の大切な資金を守るためにも、最低限、会社の所在地・金融ライセンス・資金の管理体制がしっかり公開されている業者を利用するようにしましょう。

メリット:

  • 通貨ペア・その他CFD銘柄も最大レバレッジ500倍で取引可能
  • 口座残高によるレバレッジ制限がない
  • MT4・MT5が両方利用可能
  • 独自ツール「ウェブトレーダー」も高機能
  • 取引形態は透明性の高いNDD方式を採用
  • 日本語サポートが高品質
  • ライブチャットは平日24時間対応

Cons:

  • 初回入金額が2万円と少々高い
  • キャンペーン・ボーナスが一切ない

※投資は損失を伴う場合があります。

おすすめのFX口座の選び方

さて、ここまで2022年最新のおすすめFX会社を紹介してきましたが、いよいよ自分で業者を探す方法を説明していきましょう。結局のところ、プラットフォームがあなたのFX取引のニーズを満たすものであるかどうかを確認する必要があります。

以下では、 海外 FX の口座を探す際の重要なポイントをまとめました。

Regulation

法規制

世界のFX取引業界では、毎日、何兆ドルもの通貨が取引されています。そのため、世界のほとんどの地域で、このオンライン取引シーンは厳しく規制されています。しかし、すべてのFX取引サイトが、その国で運営するために必要なライセンスや認可を取得しているわけではありません。

また、プラットフォームがライセンスを保有していても、それが怪しげなオフショアの金融機関のものである場合もあります。このように、信頼できるライセンス発行者によって規制されている会社でなければ、FX口座を開設してはいけません。

主な規制機関は以下の通りです。

  • FSA(日本)
  • FCA(英国)
  • ASIC(オーストラリア)
  • FINRA(米国)
  • SEC(米国)
  • CySEC(キプロス)
  • MAS(シンガポール)
  • IIROC(カナダ)

上記の機関において1つ以上の規制を受けているFX会社を選ぶことで、安心して提供を受けることができます。

例えば、私たちのおすすめのFX会社であるAvaTradeは、FSA、CySEC、ASICの規制を受けています。これらの機関は、公正性、透明性、投資家保護を中心に、規制対象となる最高のFXブローカーに厳しい規制を課しています。

通貨ペア

自宅にいながらにして取引できるFXペアはたくさんあります。ほとんどのFX取引サイトでは、ほとんどのメジャーペアとマイナーペアをカバーしています。これらのペアは、大きな取引量と流動性を誇るため、最も需要の高いペアです。これらの通貨は狭いスプレッドの恩恵を受けることができます。

※投資は損失を伴う場合があります。

とはいえ、私たちが出会ったおすすめのFX口座では、エキゾチックペアもたくさん用意されています。例えば、AvaTradeでは、多くの新興国の通貨を、米ドルやユーロに対して取引することができます。ボラティリティは高いですが、これは経験豊富なFXトレーダーにとっては切望されていることです。

手数料

すべてのFX会社は利益をあげるためにビジネスをしています。その方法は、ブローカーによって異なります。したがって、FXを取引する際には、どのような手数料が適用されるかを確認することが不可欠です。

おすすめのFX会社の主な手数料は以下の通りです。

FX手数料

FX会社の中には、トレーダーが売買注文を出すたびに手数料を徴収するところがあります。ごく稀なケースを除いて、この手数料は変動するパーセンテージの形で表示されます。スワップは、イスラムFX口座またはスワップフリー口座で請求することはありません。

手数料については、以下の例を参考にしてください。

  • EUR/GBPを取引する場合、選択したブローカーが1%の手数料を請求すると仮定します。
  • そして、500ドルの買い注文を出します。
  • 取引を開始するためには、50ドル(500ドルの0.1%)の手数料を支払うことになります。
  • トレードを終了するときには、600ドルの価値になりました。
  • 取引を終了すると、再び1%の手数料が発生するので、0.60ドル(600ドルの0.1%)となります。

そうは言っても、2022年のおすすめのFX口座では、売買ポジションを手数料無料で保持することができます。これには、AvaTrade、Forex.com、IG.comなどが含まれます。このシナリオでは、お客様はスプレッドという形でのみ手数料を支払うことになります。

FX スプレッド

すべてのFX会社は、スプレッドで儲けています。これは、FXペアの買値と売値の差です。

従来の金融市場とは異なり、FXのスプレッドは「pips」で計算されます。競争力があるおすすめのFX会社は、主要なペアのスプレッドを1pip未満で提供しています。

スプレッドに馴染みのない方のために補足をすると、これは、FX取引の損益分岐点に戻るためにカバーする必要のある間接的なコストです。

例えば、以下の例を参考にしてください。

  • 例えば、GBP/USDを取引しているとします。
  • 取引時のスプレッドは8pips。
  • つまり、取引を開始すると、8ピップスの赤字になるということです。
  • そのため、損益分岐点に到達するためには、ポジションの価値が8pips変動する必要があります。
  • 8pips以上の利益で初めて明確な利益となります。

注意すべき点は、ほとんどのFX会社が可変スプレッドを提供していることです。これは、市場の状況に応じてスプレッドが一日中変化することを意味しています。重要なのは、対象となるFXペアの変動が大きければ大きいほど、スプレッドは広くなるということです。

レバレッジ手数料

FX取引プラットフォームの口座に相当な額の資本金がある場合を除き、レバレッジを使用する必要があると思います。レバレッジをかけた商品を取引すると、夜間の融資手数料が発生します。

簡単に言うと、これはポジションを一晩中オープンにしておくために支払う手数料です。この手数料は、お客様の口座残高から差し引かれ、その後、日割りで請求されます。

そのためには、自分が選んだプラットフォームがどれくらいの手数料を取るのかを確認する必要があります。これは通常、パーセンテージで表され、取引金額に乗じて計算されます。金額が多ければ多いほど、また適用するレバレッジが高ければ高いほど、支払う金額は大きくなります。

その他の料金

FX取引時は、以下の通り他の部分でも手数料がかかる可能性があります。

  • 口座維持手数料おすすめのFX会社であっても、口座が一定期間使用されていない場合には、手数料が発生します。これは通常12ヶ月後に発生しますが、もっと早く発生することもあります。
  • 取引手数料入金・出金の際に手数料が必要になる場合があります。
  • 通貨換算手数料:一部のFX会社では、基本通貨ではないFXペアを取引する際に、手数料を請求する場合があります。例えば、口座が米ドル建てで、EUR/GBPを取引する場合、換算手数料がかかる場合があります。

トレーディングツールと機能

FXをオンラインで取引し、安定した利益を上げることは難しいことです。特に、この分野で全くの初心者であればなおさらです。そのため、選択したFXプラットフォームが、十分なツールや機能を提供しているかどうかを確認していきましょう。

レバレッジ

先に述べたように、まとまった資金がない状態でFX取引で生計を立てるのは困難です。これは、特にデイトレードの場合、非常に小さな利益率を狙うことになるからです。

そのため、レバレッジが必要な場合は、FX口座にレバレッジを利用できるかどうかを確認する必要があります。繰り返しになりますが、限度額は会社の種類によって決定されます。国内の会社は1:30が上限ですが、海外のFXは無制限で、1:500や1:1000まで上げることができます。

注文の種類

おすすめのFX口座では、多くの注文タイプにアクセスすることができます。ロング/ショート、成行/指値注文に加えて、ストップロスオーダーやテイクプロフィットオーダーもカバーしているはずです。これにより、リスクを回避した形でFXオンライントレードを行うことができます。

その他、おすすめのFX口座で提供している注文方法は以下の通りです。

  • トレーリングストップロス
  • ストップロス
  • Good for the Day(GFD)
  • Good 'Till Cancelled" (GTC)
  • One-Cancels the Other (OCO)

自動売買

おすすめのFX口座には、自動化ツールが用意されています。AvaTradeの場合は、経験豊富な為替トレーダーの売買注文を反映させることができる「Dupli Trade(デュプリ・トレード)」ツールが用意されています。

つまり、あなたが選んだトレーダーがFX取引を行うたびに、その正確なポジションがあなた自身の口座に反映されるのです。重要なのは、証拠金の大きさは、直接結果に比例するということです。

その例をご紹介しましょう。

  • Ava Dupli Trade (AvaDupliTrade - MT4で簡単シストレ)経由で人気のFX投資家に500ドルを投資したとします。
  • トレーダーはポートフォリオの5%をレバレッジ1:25でGBP/USDの買い注文にリスクをかけます。
  • 証拠金25ドル(投資額500ドルの5%)で、同じ注文をします。
  • トレーダーはポジションをクローズし、10%の利益を得ました。
  • 10%を稼いだので、25ドルに対し、50ドルになります。しかし、1:25のレバレッジをかけているので、この取引からの利益は合計で62.50ドルになります。

以上のように、デュプリ・トレードでは、指一本動かすことなく、積極的に通貨を売買することができます。これは、初心者や時間のない人には最適です。

自動売買(EA

自動化された方法でオンラインFX取引を行うもう一つの方法は、EA(Expert Advisor)を選ぶことです。EAは「FXロボット」とも呼ばれ、トレーダーに代わって取引を行う機能を持つソフトウェアです。

AvaTradeのCopy Tradingツールとは異なり、FXのEAはあらかじめプログラムされたアルゴリズムに基づいています。つまり、24時間365日、FX市場を監視する能力を持っているのです。

EAの恩恵を受けるためには、MT4をサポートする取引プラットフォームに登録する必要があります。このページで紹介している最高のFX取引プラットフォームの多くは、この機能を提供しています。そして、FX EAをMT4にインストールして有効化するだけです。

アラート

常にゲームの主導権を握るためには、アラート機能を備えたFX取引プラットフォームを選択するのがベストです。さらに、これらのアラートは、お客様のモバイル端末にリアルタイムで配信されるべきものです。

例えば、主要な通貨ペアが重要なレジデンスラインを突破した場合に通知を受け取ることができます。また、通貨ペアの将来の価格に影響を与える可能性のあるニュースが報道された場合にも、プラットフォームから通知が送られるかもしれません。

いずれにしても、アラートがあれば重要なファンダメンタルおよびテクニカルイベントを見逃すことはありません。

教育・研究・分析

オンラインFXトレーダーを始めたばかりの方は、業界の知識を深めるのに役立つプラットフォームを選ぶのが一番です。例えば、AvaTradeでは、FX取引のガイドやビデオから毎週のウェビナーまで提供しています。

リサーチについては、おすすめのFX会社が金融ニュースや市場に関する洞察を提供しています。これは、市場の主要な動向を把握するのに最適で、取引の意思決定プロセスに大いに役立ちます。

テクニカルデータの面では、最高のFX取引プラットフォームは、高度なチャート読み取りツールを提供しています。これには、カスタマイズ可能な画面、テクニカルインジケーター、チャート描画機能などが含まれます。

ユーザーエクスペリエンス

外国為替取引業界は、秒単位で為替レートが変化するため、驚くほどの速さで動いています。そのため、選択したFX口座がエンドツーエンドで優れたユーザーエクスペリエンスを提供しているかどうかを確認すべきでしょう。例えば、選択したFX市場を見つけるのは簡単か、注文を出すのに困難はないかなどです。

調査したところ、FX取引プラットフォームの使いやすさには大きな違いがあることがわかりました。例えば、AvaTradeやForex.comは、デスクトップ版でもモバイルアプリでも、実にシンプルな操作性を実現しています。

しかし、forex.comのように、経験豊富なFXのプロに適したプラットフォームもあります。FX.comのFX取引機能には、高度な機能性ツールや特徴が満載されているからです。これは経験豊富なトレーダーにとっては素晴らしいことかもしれませんが、初心者にとっては圧倒されてしまうかもしれません。

デモアカウント

このページでFXのデモ口座について簡単に触れましたが、それには理由があります。簡単に言えば、デモ口座では100%リスクのない環境でFX取引を練習することができます。最高のFX取引プラットフォームは、実際の取引条件を反映したデモアカウントを提供しています。

デモ口座は、複雑なFX取引のコツを学ぶのに最適です。ただし、FX会社によっては、デモ口座の利用期間に30日などの制限を設けている場合があります。

支払方法

私たちが出会ったおすすめのFX会社は、日常的な支払い方法を豊富に取り揃えています。そのため、入出金の手続きがとても簡単です。

しかし、私たちがレビューしたおすすめのFX会社の中には、銀行振り込みしか受け付けないところもあります。ご自身の居住国に拠点を置くプラットフォームを使用していれば、即時入金の恩恵を受けることができるでしょう。しかし、多くの場合、銀行送金が届くまでには数日かかることがあります。

カスタマーサービス

おすすめのするFX会社は、少なくとも24/5ベースで機能するライブチャット機能を提供しています。これは、電話ではなく、リアルタイムでサポートエージェントと話すことができることを意味します。

一方で、私たちが出会ったおすすめのFX会社の中には、メールでのサポートしか行っていないところもあります。これでは、返事をもらうのに数時間待たなければならない可能性があります。

FX取引の始め方

このガイドをここまで読んでくださった方は、自分に合ったおすすめのFX口座を見つけるために必要なことがわかっているはずです。あとは、最初のFX取引の注文をするだけです。

ここでは、手数料無料のFX口座「AvaTrade」の設定方法をご紹介します。

申し込みフォームの記入

AvaTradeの公式HPから、「口座開設申し込みフォーム」にアクセスします。

申し込みフォームに必要事項を入力し、申し込みましょう。申し込みが完了すると、登録したメールアドレスに案内メールが届きます。

個人番号記載書類と本人確認書類の提出

個人番号記載書類とはマイナンバー書類のことで、マイナンバーカードがあれば、本人確認書類は必要ありません。

マイナンバーカードを持っていない場合は、運転免許証などの顔写真付き確認書類と通知カードで対応できます。

他のFX会社の口座開設でも、マイナンバーカードがあると便利な場合が多いので準備しておくと良いでしょう。

個人番号記載書類と本人確認書類の提出

[/su_list][/su_column] [/su_row]

個人投資家の口座の72%が、このプロバイダーでCFDを取引した際に損失を出しています。
資金を失う可能性があることを心得ておきましょう

提出方法はメール・FAX・郵送・Webページへのアップロードの4つがありますが、Webページへのアップロードが最短かつ簡単に提出できる方法になります。

案内メールにログインIDとパスワードが記載されているので、アカウントにログインし書類の画像をアップロードすれば提出は完了です。

口座開設に関する案内を受領

簡易書留郵便にて、郵送物が自宅に届きます。

この手続きには、居住住所確認の意味もあるため、必ず受け取るようにしましょう。

入金

口座開設が完了したら、メールで通知されます。

開設された口座に証拠金を入金することで取引を始められます。

最後に、「Open Trade」をクリックして、AvaTradeで手数料無料のFX取引注文を行います

まとめ

オンラインでFX取引をする際に最も重要な決定事項の一つが、どの口座に登録するかということです。

結局のところ、トレーダーは自分で稼いだお金をリスクにさらすことになるので、プロバイダーが信頼できる機関によって規制されていることを確認する必要があります。また、その口座が選択したFX取引ペアを提供し、費用対効果の高い方法でポジションを取ることができるかどうかを確認する必要があります。

数十社のプロバイダーを検討した結果、現在、市場で最もおすすめのFX口座はAvaTradeです。この規制の厳しいプラットフォームでは、MT4とMT5で50以上のペアを提供しており、そのすべてが手数料無料かつ低スプレッドで取引できます。

AvaTradeでの取引開始は数分あれば可能です。プラットフォームは使いやすく、デビットカードやクレジットカード、電子財布を使って即座に入金することができます。

AvaTrade - 初心者におすすめのFX口座

AvaTrade

個人投資家の口座の72%が、このプロバイダーでCFDを取引した際に損失を出しています。
資金を失う可能性があることを心得ておきましょう

よくある質問

どのFX取引プラットフォームの手数料が安いの?

FX取引の手数料を検討する際には、手数料とスプレッドを考慮する必要があります。AvaTradeは、手数料が無料で、ほとんどのFX市場で狭いスプレッドを提供しているため、最も安価なFX取引プラットフォームであることがわかりました

最も多くの通貨ペアを提供しているFX取引プラットフォームは?

たくさんの市場にアクセスできることを第一に考えるのであれば、IG.comはより多くの通貨ペアやその他の資産を提供しています

初心者におすすめのFX口座とは?

数兆ドル規模の外国為替取引市場に初めてアクセスしようとしている方は、AvaTradeの利用をおすすめします。この人気の高いオンラインプラットフォームは、初心者を念頭に置いて作られているため、経験がほとんどない方に最適です.

FX会社は安全?

このページで紹介しているFX会社は、いずれも信頼できる金融機関から少なくとも1つのライセンスを取得しているので、安全です。残念ながら、オンラインで活動する海外のFX会社の中には、規制当局の許可を得ずに運営しているところもあります。そのため、常に注意を払ってください.

FX会社はどうやって儲けているの?

FX取引プラットフォームの中には、手数料を徴収することで収益を得ているものがあります。また、スプレッド(選択したFXペアの買値と売値の差)から収益を得ているところもあります。また、FX会社は、入金、出金、夜間の資金調達、休止などに関連する手数料を徴収することで収益を上げています.

日本在住者におすすめのFX口座は?

日本にお住まいの方におすすめのFX口座は、間違いなくAvaTrade.comでしょう。規制の厳しいこのプラットフォームでは、55以上のFXペアを提供しており、そのすべてが手数料無料で取引できます

hello@seomagnates.com'
About 栗守代无,
Scroll Up